既卒フリーターが就職する方法

既卒とはすでに大学や専門学校などの教育施設を卒業している人たちのことを指しており、おおよそ1年から3年程度経過している中で正社員としての社会経験をしていない人たちのことを指していることが多いです。そのような人たちの場合は主に定職に付かずにフリーターなどで生活している人たちが多いのですが、フリーターは年齢を重ねるとどんどん仕事がなくなってしまうため、その多くが既卒フリーターとして正社員雇用を求めて就職活動をするようになるとされています。

ですが、実際既卒で就職しようとするとなかなか難しいというのが実際のところであり、どのように就職活動をすればいいのか分からないという人も多いとされています。そのような人たちにオススメされているのが既卒フリーターやニートの人たちの就職活動を支援している業者の活用です。

このような業者は既卒の人たちの特徴を把握しているだけではなく、新卒だけではなく中途採用などで既卒を募集している企業の求人情報などをしっかり持っていることが多いです。なので単純に求人を紹介してもらうということもできますし、自分の能力やフリーターとしての経験でどのような業種で活躍することができるのか、どのように履歴書を書けばいいのかなどのアドバイスや相談にも乗ってもらうことができるというところが大きなポイントになります。

そして支援業者はセミナーなども開催しているので、そちらも利用しながら就活をすることによってある程度明確な目標や具体的な行動の指針を決めることができるようになるというのは最大のメリットといえます。

それ以外にはどのような方法があるのかというと、インターネットの求人情報の中には既卒やフリーターを中心とした正社員の求人を集めている業者もありますし、職業適性診断を受けることによって向いている業種などを把握することができるため、より情報収集を明確に行うことができるようになります。このようにある程度のほう構成を決めて求人を探すというのも、地道ではありますが確実な方法となっています。

既卒の就職に有利な資格は?

みなさんの中には、何らかの理由で新卒ではなく既卒で就職活動しなくてはならないという方もいるのではないでしょうか。また、可能な限り就職に有利な資格を取り、円滑に進めたいと思う方もいるでしょう。では、どんなものを取れば就職に有利になるのでしょうか。

まず、就職活動のために取る資格には、どんな業界にも必要とされているものと、特定の業界で働きたいのであれば取っておきたい、もしくは取らなければならないものの2種類があります。

前者は、例えば普通自動車運転免許であったり、簿記に関するものです。ほぼどこへでも移動できる技術を持っていればとても便利です。如何なる職場でも、一切帳簿をつけないところはありません。こういったものは企業側からしてみればかなり大きい戦力ですから、既卒であっても採用される可能性が上がるでしょう。

後者については、働く上で絶対に必要であるものについては会社の経費で取らせてくれるところが多いです。しかし、即戦力になるという意味で採用の可能性が上がります。どんなものの取得を目指すかということについて、自分が就きたいと希望する業種や職種をある程度決める必要があります。この2つが決まらないまま取得することばかりを考えてしまうと、結果的にそれらがほとんど役に立たないまま就職活動することになりかねません。これでは、ただ労力を余計に消費してしまったということになります。

また、受験資格や難易度、実施時期などにも注意する必要があります。専門の学校に行かなければ受けることすらできないものや、既卒であるため受験はできるが著しく難易度が高いもの、年に一回しか実施されないなど、就職時期や時間との兼ね合いなども考慮にいれて選択する必要があります。

現在の日本では、既卒は新卒よりも厳しい状況におかれています。しかし、スキルの証明である資格をとり、新卒に勝るとも劣らない状況にすることはできます。あとは、皆さんの熱意です。

既卒でも大手に就職は可能?

大学生は大学在学中の就職活動が非常に重要で、「新卒カード」を持っている方ならば、大学の名前もそれほど関係なく名だたる大企業へ就職する道が開かれています。しかし、一旦大学を卒業してしまうとその「新卒カード」は失われてしまい、途端に就職の門出が閉ざされてしまう場合もあります。大学生向けの就職活動サイトでも、新卒を逃してしまうと翌年はサイトの一部のコンテンツを使えなくなってしまいます。社会情勢の影響もあって、大学在学中に内定をもらうことができなかった方は既卒も採用してくれる企業を探して就職活動をしなければなり、非常に厳しい戦いを強いられることになるでしょう。なので、基本的には既卒は新卒よりも就職は難しくなってきます。大手企業が既卒向けに求人を出しても多くの人がそこに殺到して直ぐに定員でいっぱいになることもあります。

ただ、既卒は大手に絶対に入れないかといえばそういうわけでも無いです。既卒でも求人の探し方を工夫したり、自身の魅力を面接等でうまく伝えれば大手に入れる可能性もあります。

求人の探し方については、効率よく大企業の求人を探したいなら既卒向けの専門求人情報サイトを活用することです。特に不景気などの社会的要因で全体の内定率が低かったりすると、それらの専門サイトが出てくることもあります。通常の職業安定所などで職探しをするよりも、それらの専門サイトのほうが魅力的な求人が載っていることも多いので、大手にどうしても入りたいという方は要チェックです。

また、多少遠回りしても大企業に入りたいという場合には、一旦普通の企業で働いて、そこで職歴と経験、実績などを重ねて転職をする方法も使えます。職歴も経験もない既卒の方が大企業をいきなり目指すよりも、そのほうが入れる可能性が出てきます。急がば廻れで、普通の企業で働きながらこっそり就活をする方法もあります。

後は個人の自己PRや志望動機を練って、本番の面接で自身の魅力や気持ちを企業へうまく伝えることができれば、内定をもらえるでしょう。

既卒フリーターが正社員になる方法は?

日本では、新卒一括採用が定着していると言われていますが、既卒者を対象とした求人も多数あります。学生にあまり知られていない企業や、若者の少ない地方にある企業、急成長をしている企業では、新卒採用だけでは十分な人数を確保できないので、既卒者を対象とした採用を随時行っているのです。

既卒のフリーターが正社員になるためには、順番にステップを踏んでいくことが大切です。一番最初にすることは、実際の求人情報をチェックし、現実を把握することです。正社員の求人情報は、インターネットの転職サイトや、新聞の求人欄、求人広告でタイムリーに知ることができます。有名なインターネットの転職サイトは、掲載費用が高額なので、大手企業の求人情報が多いという傾向があります。求人広告は地域に特化しているので、できるだけ自宅の近くで就業したいという人におすすめです。

次に、実際の求人情報の中から、自分の興味がある業種や職種、企業をできるだけ多くリストアップします。最初から業種や職種を絞りすぎず、「これならできそう」と思う仕事は、とりあえず候補に入れるようにしましょう。

希望する業種や職種が決まったら、すぐに応募をしてみるのもいいですが、関連業務での経験や知識が求められる求人もありますし、フリーター経験だけでは、他の転職者より不利になってしまう可能性もあります。

既卒者フリーターの場合、いきなり正社員採用に応募するのではなく、準備をするための期間を設けることがおすすめです。希望している業種や職種に関連したアルバイトや契約社員の経験を積むことによって、採用に有利になることがあるので、アルバイト先を変えてみることも第一歩となります。何となく今のアルバイトを続けるのではなく、正社員採用を見越してのアルバイト経験であれば無駄にはなりませんし、業界の特徴や待遇などをあらかじめ知ることもできます。例えば、自動車販売店への就職を考えている場合、ガソリンスタンドやカー用品店でのアルバイト経験は、良い自己PRの材料となるでしょう。

既卒フリーターから公務員を目指すには?

既卒であることはデメリットであると、思われがちですが、メリットも多いのです。公務員はいつの時代にも、人気のある職業で依然競争率の高い職種です。既卒フリーターで公務員を目指すには、やはり社会経験を武器にすることが必要です。学生に比べ、フリーターは仕事一本に集中することができます。そのため、社会経験は学生に比べ、十分に積むことができます。

公務員に求められる能力とは、職種によっても違いますが、どの職種にも求められる能力は、さまざまな状況にも臨機応変に対応できる力です。その能力は社会経験で培われるもので、本を読んでいて身につくものではありません。

また、既卒フリーターは、しばらく数的推理などの学習から離れるため、継続的な試験対策を行わなければなりません。公務員試験の一次試験には必ず、教養試験があります。いくら社会経験を積んでいても、一次試験で脱落してしまうと、その経験を公務に生かすことができません。

あくまでも、その社会経験が生きてくるのは仕事に就いてからなので、しっかり一次試験を合格する教養を身に付けておくことです。もし、市職員にになることだけが目的なら、地域を選ばずに、受験できる地域はできるだけ受験しましょう。試験問題は非常に広範囲からの出題な上、難解なものが多く、日々の学習だけでは網羅するのがほぼ不可能です。既卒であれば、学生と違い、時間に都合がつきやすいので、日程を管理すればかなりの件数を受験することができます。

このように、たくさんの試験を受験し、試験に慣れていくことも重要なのです。受験には費用も掛からないので、長期的な計画を立てて、試験に臨みましょう。市職員・県職員の仕事は非常にやりがいのある良い仕事です。既卒だからということで、臆することは全くありません。しっかり自分がしてきたことに自信を持ち、職員として採用されてからどのような職員になって、市や県のためにどのような仕事をしたいか自分の言葉で表現してみてください。

既卒フリーターが一発逆転する方法は?

既卒のフリーターでも、一発逆転することはできます。リーマンショック後の日本経済は既卒のフリーターが正社員になれるような世の中ではありませんでしたが、現在は求人倍率もかなり回復しており、リーマンショック前の売り手市場の状況に戻ってきています。そんな状況ですので、一定の能力がある人ならば正社員になることもあります。

ここで注意が必要なのが、正社員になれば「勝ち組」というわけではないということです。正社員でも、時給に換算すれば派遣やアルバイトよりも低いという人がいます。拘束時間が長すぎて、自由な時間がまったくないような状況では、いくら給料が高くても「勝ち組」とはいえないかもしれません。

既卒フリーターでも一発逆転するうえでは、「体力・元気」、「コミュニケーション能力」がある人は有利です。体力や元気はどの仕事でも必要になります。また、元気や活力がある人は職場の雰囲気を明るくしてくれ、周囲にも良い影響を与えます。また、コミュニケーション能力は、人の上に立つ上で必要な能力です。アルバイトでもリーダーとして人をひっぱってきた経験を持つ人や、接客業でたくさんの人と話をしてきたという人は、未経験でも採用される可能性が高いでしょう。例えばシステムエンジニアをやっている人でも、必ずしもプログラミングが得意というわけでもありません。プログラミングが得意な人ならばプログラマーが別にいますので、システムエンジニアはクライアントやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションがしっかりとれるなら仕事がこなせることもあります。知識やスキルは実務経験を積みながらでも習得していくことができるので、最も重要なのはコミュニケーション能力ということもできます。

また、既卒のフリーターが一発逆転するには、これから需要が高まっていく職業を選ぶというのも1つの手です。例えば、医者や介護職員の人材不足が問題となっています。少子高齢化が進んでいく中、介護の仕事ができれば仕事に困ることはないでしょう。また、現在人間がやっている仕事はどんどん機械化されていきます。ITエンジニアの仕事も今後需要が高まっていくと予想されています。

既卒フリーターは職務経歴書に何を書けばいいの?

既卒フリーターの立場は、就職活動時に不利になってしまうことがあります。学校を卒業してからアルバイト生活をしているわけですから、同級生で新卒で企業に就職した人たちとは違う扱われ方をしてしまいます。残念ながら、日本の大企業の多くは未だに新卒者を優遇する傾向にありますので、既卒フリーターが大企業に入社する事は非常に難しくなってしまいます。

また、多くの既卒フリーターが悩んでいるのが職務経歴書に何を書けば良いのかということでしょう。社会人としての経験がないわけですから、職務経歴書に関してはこれまでのアルバイトでどのような仕事をしたか、またそのアルバイトでどのような実績を残したかということを書くほかありません。ただ漠然とお小遣い稼ぎで、ほどほどにアルバイトをしている人にとっては記載する内容も薄くなってしまいますし、アピール材料として有効なのか悩んでしまう人も多いでしょう。

もちろん、自分自身の成長のためにアルバイトでも責任がある仕事をしていた場合は、その具体的な内容について職務経歴書に記載しましょう。そのアルバイトの仕事内容が、応募した会社の仕事内容に精通している場合などは非常に有効なアピール材料となるでしょう。

要するに、既卒フリーターであっても明確な自分の将来のビジョンを持っている人材であれば、採用担当者側も将来有望な人材であるとして好印象を持ってもらいやすいといえます。ですので、そのような経験をしている既卒フリーターの方であれば、むしろ新卒者よりも自分の方が経験もやる気も勝っていると言う位の強い気持ちで臨めば良いのです。

若い人材の採用に関しては、30代や40代の転職希望者とは違い、仕事に対する意欲や将来の自分のビジョンをしっかりと持っている人材が優遇される企業もあります。自分は既卒フリーターだから、新卒の人たちとは互角に戦えないとあきらめるのではなく、玉砕覚悟で挑んでいく気持ちが非常に大切であると言えるでしょう。

既卒就職はやっぱり厳しい?

既卒フリーターは教育施設を卒業してから一度も正社員としての経験をすることなく、不定職の仕事をしている人たちのことを指しています。メリットとしては自分の時間を作りやすく色々な仕事を経験することができることなのですが、特にフリーターは年齢制限が設けられているので年齢を重ねるごとに不利になっていくため、結果的に多くの既卒の人たちは正社員になるために就職活動をするようになるとされています。

ですが既卒を募集している求人情報は新卒と比較すると多いわけではないですし、現実問題として既卒の就職活動は非常に厳しいものであるといわれています。その理由としては就職活動の傾向としては新卒を募集している企業が多くなっているというところであり、企業側としても既卒を採用するよりも新卒を採用する方がコスト的なメリットが高いというところからあまり既卒を募集しないということになっているようです。

また、既卒の就職活動で最大のネックとなってしまうのが経歴であり、フリーターとして働いている場合はまだマシなのですが、ニートなど一度も働いたことがないという人に関しては即戦力として活用できる見込みがないということで採用面で厳しい判断が下されることがほとんどなのです。企業側としては新卒でなかった場合に求めるものはキャリアなので、その点では非常に難しい問題となっています。そして年齢に関しても新卒と比較すると厳しい点が多く、年齢が高ければ高いほど就職活動は厳しくなっている傾向があるといえます。

このようなポイントから就職活動は厳しいだけではなくほとんど不可能なのではないかと思われがちですが、新卒より少ないだけでき卒を募集している企業は少なからず存在しますし、フリーターとしての経歴を持っているのであればそこで培ったスキルや経験を活かすことができる求人が見つかる可能性はあります。なので、支援サイトなどを活用して活動を続けることによって活路を見出すことは不可能ではないとされています。

既卒就職、空白期間はどう説明する?

既卒者の就職というのは一般的に大変なものであると言われています。新卒者であれば学校出てすぐに就職活動することになりますので空白期間がありません。一方で既卒者の就職の場合学校を出てから就職活動を行うまでの間、履歴書に空白の期間が生じてしまいます。就職の際に行われる面接の場においては、ほぼ必ずと言っていいほど聞かれるのが空白期間についてであると言われています。そのためこの空白の時期に何をしていたか、それを明確に説明できなければマイナスイメージとなるでしょう。

もしもこの空白の時期に説明することができる明確な何かを行っていた場合にはそれを説明すればよいのです。内容によって評価は分かれますが、説明ができると言う事実に一定の意味があります。問題となるのは履歴書の空白期間に何をしていたかを説明することができない既卒者の場合です。実際のところ何もしていなかったというのが事実である人が少なくありませんが、そのようなことを正直に言ってしまえば間違いなくマイナスのイメージとなります。そのためこの時期に何をしていたかについて、どのように面接で答えることができるのかを考えなければなりません。この点が新卒者と既卒者の違いであると言えるでしょう。

履歴書は嘘をつかないと言われますが、しっかりとした活動しておけばいざというときに困る事にはなりません。空白の期間を説明するのに嘘は望ましくありませんが、実はそのまま言うだけでは芸がないと言えるでしょう。面接官は多くの人と会い話を聞いていますので応募者が嘘をついているかどうかを敏感に感じ取るでしょう。既卒者の場合、空白の期間があるのはそれほど珍しいことでもありません。また空白の期間があることが即不採用につながるわけでもありません。

面接官が見たいのは、その期間をどのように説明するのかと言う点です。嘘をついてごまかすようであれば嘘をつく人物であると判断されるでしょう。上手に説明することができればそのような人物だと判断してもらえるかもしれません。このような点においてやや難しいと考えられています。