既卒就職、空白期間はどう説明する?

既卒者の就職というのは一般的に大変なものであると言われています。新卒者であれば学校出てすぐに就職活動することになりますので空白期間がありません。一方で既卒者の就職の場合学校を出てから就職活動を行うまでの間、履歴書に空白の期間が生じてしまいます。就職の際に行われる面接の場においては、ほぼ必ずと言っていいほど聞かれるのが空白期間についてであると言われています。そのためこの空白の時期に何をしていたか、それを明確に説明できなければマイナスイメージとなるでしょう。

もしもこの空白の時期に説明することができる明確な何かを行っていた場合にはそれを説明すればよいのです。内容によって評価は分かれますが、説明ができると言う事実に一定の意味があります。問題となるのは履歴書の空白期間に何をしていたかを説明することができない既卒者の場合です。実際のところ何もしていなかったというのが事実である人が少なくありませんが、そのようなことを正直に言ってしまえば間違いなくマイナスのイメージとなります。そのためこの時期に何をしていたかについて、どのように面接で答えることができるのかを考えなければなりません。この点が新卒者と既卒者の違いであると言えるでしょう。

履歴書は嘘をつかないと言われますが、しっかりとした活動しておけばいざというときに困る事にはなりません。空白の期間を説明するのに嘘は望ましくありませんが、実はそのまま言うだけでは芸がないと言えるでしょう。面接官は多くの人と会い話を聞いていますので応募者が嘘をついているかどうかを敏感に感じ取るでしょう。既卒者の場合、空白の期間があるのはそれほど珍しいことでもありません。また空白の期間があることが即不採用につながるわけでもありません。

面接官が見たいのは、その期間をどのように説明するのかと言う点です。嘘をついてごまかすようであれば嘘をつく人物であると判断されるでしょう。上手に説明することができればそのような人物だと判断してもらえるかもしれません。このような点においてやや難しいと考えられています。