既卒就職はやっぱり厳しい?

既卒フリーターは教育施設を卒業してから一度も正社員としての経験をすることなく、不定職の仕事をしている人たちのことを指しています。メリットとしては自分の時間を作りやすく色々な仕事を経験することができることなのですが、特にフリーターは年齢制限が設けられているので年齢を重ねるごとに不利になっていくため、結果的に多くの既卒の人たちは正社員になるために就職活動をするようになるとされています。

ですが既卒を募集している求人情報は新卒と比較すると多いわけではないですし、現実問題として既卒の就職活動は非常に厳しいものであるといわれています。その理由としては就職活動の傾向としては新卒を募集している企業が多くなっているというところであり、企業側としても既卒を採用するよりも新卒を採用する方がコスト的なメリットが高いというところからあまり既卒を募集しないということになっているようです。

また、既卒の就職活動で最大のネックとなってしまうのが経歴であり、フリーターとして働いている場合はまだマシなのですが、ニートなど一度も働いたことがないという人に関しては即戦力として活用できる見込みがないということで採用面で厳しい判断が下されることがほとんどなのです。企業側としては新卒でなかった場合に求めるものはキャリアなので、その点では非常に難しい問題となっています。そして年齢に関しても新卒と比較すると厳しい点が多く、年齢が高ければ高いほど就職活動は厳しくなっている傾向があるといえます。

このようなポイントから就職活動は厳しいだけではなくほとんど不可能なのではないかと思われがちですが、新卒より少ないだけでき卒を募集している企業は少なからず存在しますし、フリーターとしての経歴を持っているのであればそこで培ったスキルや経験を活かすことができる求人が見つかる可能性はあります。なので、支援サイトなどを活用して活動を続けることによって活路を見出すことは不可能ではないとされています。