既卒でも大手に就職は可能?

大学生は大学在学中の就職活動が非常に重要で、「新卒カード」を持っている方ならば、大学の名前もそれほど関係なく名だたる大企業へ就職する道が開かれています。しかし、一旦大学を卒業してしまうとその「新卒カード」は失われてしまい、途端に就職の門出が閉ざされてしまう場合もあります。大学生向けの就職活動サイトでも、新卒を逃してしまうと翌年はサイトの一部のコンテンツを使えなくなってしまいます。社会情勢の影響もあって、大学在学中に内定をもらうことができなかった方は既卒も採用してくれる企業を探して就職活動をしなければなり、非常に厳しい戦いを強いられることになるでしょう。なので、基本的には既卒は新卒よりも就職は難しくなってきます。大手企業が既卒向けに求人を出しても多くの人がそこに殺到して直ぐに定員でいっぱいになることもあります。

ただ、既卒は大手に絶対に入れないかといえばそういうわけでも無いです。既卒でも求人の探し方を工夫したり、自身の魅力を面接等でうまく伝えれば大手に入れる可能性もあります。

求人の探し方については、効率よく大企業の求人を探したいなら既卒向けの専門求人情報サイトを活用することです。特に不景気などの社会的要因で全体の内定率が低かったりすると、それらの専門サイトが出てくることもあります。通常の職業安定所などで職探しをするよりも、それらの専門サイトのほうが魅力的な求人が載っていることも多いので、大手にどうしても入りたいという方は要チェックです。

また、多少遠回りしても大企業に入りたいという場合には、一旦普通の企業で働いて、そこで職歴と経験、実績などを重ねて転職をする方法も使えます。職歴も経験もない既卒の方が大企業をいきなり目指すよりも、そのほうが入れる可能性が出てきます。急がば廻れで、普通の企業で働きながらこっそり就活をする方法もあります。

後は個人の自己PRや志望動機を練って、本番の面接で自身の魅力や気持ちを企業へうまく伝えることができれば、内定をもらえるでしょう。