既卒の就職に有利な資格は?

みなさんの中には、何らかの理由で新卒ではなく既卒で就職活動しなくてはならないという方もいるのではないでしょうか。また、可能な限り就職に有利な資格を取り、円滑に進めたいと思う方もいるでしょう。では、どんなものを取れば就職に有利になるのでしょうか。

まず、就職活動のために取る資格には、どんな業界にも必要とされているものと、特定の業界で働きたいのであれば取っておきたい、もしくは取らなければならないものの2種類があります。

前者は、例えば普通自動車運転免許であったり、簿記に関するものです。ほぼどこへでも移動できる技術を持っていればとても便利です。如何なる職場でも、一切帳簿をつけないところはありません。こういったものは企業側からしてみればかなり大きい戦力ですから、既卒であっても採用される可能性が上がるでしょう。

後者については、働く上で絶対に必要であるものについては会社の経費で取らせてくれるところが多いです。しかし、即戦力になるという意味で採用の可能性が上がります。どんなものの取得を目指すかということについて、自分が就きたいと希望する業種や職種をある程度決める必要があります。この2つが決まらないまま取得することばかりを考えてしまうと、結果的にそれらがほとんど役に立たないまま就職活動することになりかねません。これでは、ただ労力を余計に消費してしまったということになります。

また、受験資格や難易度、実施時期などにも注意する必要があります。専門の学校に行かなければ受けることすらできないものや、既卒であるため受験はできるが著しく難易度が高いもの、年に一回しか実施されないなど、就職時期や時間との兼ね合いなども考慮にいれて選択する必要があります。

現在の日本では、既卒は新卒よりも厳しい状況におかれています。しかし、スキルの証明である資格をとり、新卒に勝るとも劣らない状況にすることはできます。あとは、皆さんの熱意です。